転職

20代は無謀な転職にチャレンジしよう。リスクを考えるのはおじさんになってから。

投稿日:

日本型の終身雇用制度が終わりを迎えつつある中で、転職は誰にでも普通にありうる時代がやってこようとしています。

そんな転職ですが、何歳くらいのときに考え始めたら良いのでしょうか?

私の経験でいえば、最初の転職は20代にしておくべきです。いわゆる第二新卒というやつですね。

20代であれば、それまで未経験であった業界にチャレンジすることも可能です。多少無謀なことをして失敗したとしても、まだまだやり直せるチャンスはいくらでもあります。

これからは転職をしつつキャリアを作っていくことが当たり前になってくると思います。そんなとき、若いうちから転職をしておく、いわゆる転職力をつけておけば、30代、40代と年を重ねていっても、冷静に仕事を選ぶことができます。

私が20代から30代前半に体験した転職の体験が、これから初めての転職をしようか悩んでいる方の後押しとなれば幸いです。

社会人未経験だった私がおこなった無謀な転職

私の1回目の転職は、ぎりぎり20代が終わろうかというタイミングでした。

それまでは研究者として大学で働いており、いわゆる社会人経験というものは全くありませんでした。そんな中で民間企業の、それも非研究職のポジションへのチャレンジ。

未経験の職種ということで無謀な転職かとも思いましたが、このくらいの年齢であればなんとか滑り込めるということを身をもって経験しました。

・私の転職体験記はこちらから ⇒ ポスドク転職物語

大学で研究をしながらある程度の生活費を稼ぐことは、現在の日本ではほぼ不可能です。「ポスドク」と呼ばれる任期付きのポジションは、毎年更新のいわば契約社員。社会保障や福利厚生などはなく、年収300万円代も珍しくありません。

こういう環境からいち早く抜け出せたのも、20代という時期に積極的に転職活動をおこなったためでした。

私の働いている業界には、やはり研究機関から民間企業に移ってきた人も珍しくありません。そんな人は決まって、ポスドクという非正規の期間は自分の人生にとってまったく無駄だったといいます。

特に10年近く非正規で研究を続けてしまうと、年齢的にも転職が難しくなってきます。それだけに、民間企業で正社員として働けることがどれだけ難しいか、身をもって知っているのです。

だからこそ、もう少し早く転職活動をしていれば、と後悔を口にするのですね。

ただ、誰もが早くから実際に行動に移せるかというと、そうでもないのですよね。

私が働いていた研究室はいわゆるブラック研究室でした。わがままできまぐれな教授のせいで、研究員たちは完全に疲弊していました。

研究員たちは顔をあわすたびに、教授とその取り巻きのスタッフの悪口をいい、自分たちのキャリアがいかに絶望的なものであるかを語り合うのです。

でもそんな人たちの中で、実際に研究室を飛び出し、アカデミアという旧態然とした世界と縁を切ることができた人はほんの一握りです。それ以外の、特に高齢ポスドクと呼ばれる30代後半の人は、自分の与えられた環境がまるで宿命かのような気持ちで、じっと耐え忍んでいたのでした。

人間は自分の置かれた環境をあまり変えたくないという本能があるのかもしれません。

本能に打ち勝つには、冷静な状況判断だけでなく、外に飛び出そうという若いエネルギーが必要なのです。そのことを考えれば、やはり最初の転職は20代のうちに始めるのが良さそうです。

20代の転職でリスクは考えるべき?

20代のうちに転職活動を始めるメリットはいろいろありますが、なかでも大きいのはリスクを考えずに動き出せるということです。

ある程度の年齢になると、転職とはものごとを両天秤にかける作業になってきます。それは年収であったり、家族との時間であったり、仕事量などです。

年収は上がるかもしれないが、私生活の時間は確実に減る。あるいは年収を下げてでもいいから、もうすこし気楽な働き方にしたい。こんなことを考えつつ、リスクとリターンを天秤の載せて、それが自分の人生にとって最適かどうか判断して、動き出さなくてはいけません。

これが20代であれば、とにかくやりたいから、とか、今の環境から抜け出したい、などといった理由で転職しても良いでしょう。それを可能とする体力と、残された時間があるからです。

もしそれで仮に失敗したとしても、やり直せばよいのです。もとの業界に出戻りするという手だってあります。

私も20代は少し過ぎてはいましたが、30代前半に一年発起して会計の資格を取り、監査法人に転職したことがあります。とにかく新しい環境にチャレンジしてみたかったんですね。これが私の2回目の転職になります。

ところがこの転職は大失敗でした。肌に合わない上司や働き方というものが、世の中にはあるんですね。

それでも失敗を乗り越えて、今はまた別の会社で働いています。その過程で、自分の強みや弱み、そして仕事に何を求めるかといいたことが整理できました。自分にとっては良い経験だったと思います。

こんなことができたのも、若いころにアカデミアに見切りをつけて動き始めていたからこそです。30代も後半になろうかという時期まで研究を続けていたら、こんなことはできなかっただろうと思います。

後先考えずにとにかく動き出す。こんなことができることこそが、若い時代の転職のひとつのあり方だと思います。

まとめ

転職というのは最初の一歩を踏み出すのが怖いものです。

でも、20代の頃からやりたくもない仕事や劣悪な環境で無理して働く必要って、ないと思うんですよね。

そんな思いをするくらいなら、とっとと行動に移せば良いのです。

特に若いころは、リスクとかリターンとかを気にせず、自分の思うがままに動き出しましょう。そういう経験ができることこそが、20代の特権なのですから。

⇒ 転職を思い立ったら、頼りになるパートナーを。
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?
キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

転職で人生を変えるためのおすすめ記事

転職で人生を変えよう。おすすめの転職サイトと絶対に押さえておきたいポイント
転職はいつするのが良い?適切なタイミングは自分ひとりで決めないことが大事
バイオ系ポスドクが会計の世界に転職して失敗した話

ad

ad

-転職

Copyright© 21世紀の人生戦略 , 2017 AllRights Reserved.