転職

外資系企業の転職に必要な英語力とは?意外と低い英語レベルでも大丈夫なワケ。

投稿日:

外資系企業への転職を考える上で、英語力がどのくらい必要なのかは気になるところだと思います。

外資にいるのはバイリンガルや帰国子女のような、バリバリと英語を使いこなす人たちばかり・・・?

実際に働いてみるとわかりますが、私も含めて外資系企業で働いている人の英語力は、ほとんどの場合たいしたことはありません。

今回は外資系企業で必要な英語力と、転職の際にどういったことに気をつけたらよいかについてご紹介したいと思います。

外資系企業への転職に英語力は必要!?

外資系で働いている日本人のイメージとして、「帰国子女」「留学経験あり」などといったものを想像するかもしれません。

確かにこのようなタイプの人たちは一定の割合で外資の中に入り込んでいますが、その数はどちらかというと少数派です。実際のところ、外資で働く従業員のほとんどは普通の日本人です。私自身、留学の経験もなければ帰国子女でもありません。

実は外資系企業の転職で必要とされているのは語学力ではなく、どちらかというと即戦力として働けるスキルや職務経験だったりするすることの方が多いのです。

そもそも外資では日系企業と違って新卒一括採用というものがありません。なんらかの事情で部署内に欠員が出たときに、それを補充する形で募集をかけることが一般的です。

ですから採用にあたっては、そのポジションにふさわしい経歴をもった人を優先して選んでいくことになります。そして多くの場合、その経歴には帰国子女なみの語学力は含まれません。それよりは、マーケティングの経験だったり、業界・製品に対する理解力だったりが重要なのです。

外資系企業は「日本営業所」?

外資系企業というと非常に晴れやかで華々しいイメージを持つかもしれません。確かにそういった業界もあるにはありますが、多くの外資系における日本法人の位置づけは「日本営業所」くらいに思っておいたほうが良いでしょう。特に、研究開発の拠点がなかったり日本の市場自体が相対的に小さかったりする場合、海外との結びつきはそれほど強くなく、仕事はもっぱら日本人どうしですることになります。つまり、日本における営業活動の拠点という位置づけなのです。

そういったこともあって、外資系企業なのにそれほど英語を使うことがないということが起こりうるのです。

極端な例で言うと、ほとんど全く英語をしゃべれない人というのも結構いたりします。こういった人は特に営業で多い傾向にあるようですが、それは営業職で求められているのは業界知識や顧客とのパイプのような即戦力としての経験なのであって、英語を使わなくても仕事が十分カ可能だからなのです。

どんなときに英語を使うのか?

このように外資系企業では世間で思われているほどの英語力は、ほとんどの場合必要ありません。とはいっても外資である以上、必要最低限の英語力はあるに越したことがないのは事実です。それでは、具体的にどんなときに英語を使うのでしょうか。

例えば社内で回覧されるメールは英語であることが多く、こういったものは読める方が良いでしょう。もちろん重要度が高いものについては総務などによって日本語に翻訳されることもありますが、そうなるまでにはある程度の時間がかかります。やはり英語の文章はそれなりに読めたほうが良いでしょう。

同様に、海外とのやり取りを頻繁にする場合は英語でメールを書くことになります。この場合、重要なのは日本で起こっていることを正確に海外の人たちに伝達することであって、メールの形式や文法など細かいところを気にする必要はまったくありません。

ポジションや役職によっては、このほかに英語での電話会議や海外ビジターのアテンドなどといった仕事も入ってくる可能性がありますが、まずはメールの読み書きといった基本的なことができていれば、それ以外に日常業務で英語を使う機会というのはそれほどないと思っておいて構わないでしょう。

転職までに何を準備すればよいのか?

次に、外資系企業に転職をしようと考えている場合、どういったことを準備するのが良いのかについて整理してみましょう。

TOEICの点数

まず基本として、TOEICの点数を確認しておきましょう。といってもだいたい700点くらいあればほとんどの場合はOKで、このくらいあれば必要最低限の英語は問題なく使えるとみなされると思います。

逆に、頑張って900点台を目指そうなどと余計な努力はしないほうが良いでしょう。TOEICの点数が高いからといって、実務で役に立つと考えている面接官はあまりいません。それより大事なのは、いかに伝えたいことを伝えるかといったコミュニケーション能力の方なのです。

英語での職務経歴書

外資系企業の日本法人での採用の場合、ほとんどのケースでアジア地区クラスのマネージャーが採用に関与していると考えたほうが良いでしょう。従って転職の際には通常の履歴書・職務経歴書のほかに、英語の職務経歴書を求められるケースがほとんどです。

英語の職務経歴書というのは多くの日本人にとっては馴染みのない書類だと思われますが、転職エージェント会社でしっかりケアしてくれることになると思われますので、あまり心配する必要はないでしょう。

【PR】転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

英語面接対策

ポジションにもよりますが、採用面接の後半には外国人マネージャーとの英語面接がある可能性があります。

これもほとんどの日本人にとって馴染みのない経験のはずなので、敷居が高く感じられるかもしれません。ただし、求められているものがハイレベルの英語力でない限りでないはそれほど心配しなくて大丈夫です。あくまでも必要なのは即戦力としての職務経験であって、流暢に英語を喋ることではないのです。

英語面接対策についても転職エージェントは親身になって相談してくれますし、下記のような本を予め読んでおくのも良いでしょう。

まとめ

外資系企業で働く日本人の数はまだまだ少数ではあるものの、その人数は増加傾向にあります。

外資系企業は年収や働き方の点において、日系の企業にはない魅力がたくさんあります。外資で働いてみたいと思う人が急速に増えているのには理由があるのですね。

もしも英語力に自信がなくて外資への転職をためらっているのであれば、まずは一歩を踏み出してみるといいかもしれません。求められているのは英語力でないことにすぐに気づくと思いますよ。

ad

ad

-転職

Copyright© 21世紀の人生戦略 , 2017 AllRights Reserved.