研究

ブラック研究室の元スタッフが暴露する、本当にヤバイ研究室とは?

更新日:

理系の学生にとって研究室選びはもっとも重要な活動の一つだと思います。学部によっては多くの人が修士課程に進学する場合もあるでしょうが、その場合は卒研も含めて3年間も所属することになるわけですから、研究室は慎重に選びたいものです。

最近になって、学生に暴力的な言葉を投げかけたり長時間の実験を強要するなどといったいわゆる「ブラック研究室」の問題がクローズアップされるようになってきています。ネット上にはブラック研究室に配属されてしまった学生の悲鳴にも似た声や、卒業したばかりの人たちによるブラック研究室を見極めるためのリストなどがあり、この問題の根深さを物語っています。

ここでは視点を変えて、ブラック研究室でスタッフ側として働いていた側の経験と、ブラック研究室の見分け方やブラック研究室が生まれてしまう背景について解説してみたいと思います。

ブラック研究室のスタッフとして働く日々

私がスタッフとして働いていたのは、とある地方の大学の附属機関で、そこで私はポスドクと呼ばれる任期制の研究員として研究活動にあたっていました。任期制というのはいわゆる非正規雇用のことで、1年ごとの契約で働き、契約が満了すると新たに働き口を見つけなくてはいけないという、そういった立場の研究者です。

ポスドクというのは不安定な立場の労働者のため、必死で実験をして論文を出そうとします。しかし私のいた研究室というのはとにかく論文を出そうとしないことで有名で、多くのポスドクが疲弊し、研究室を去っていきました。このブログのタイトルとなっている「ポスドク転職物語」は、そんな劣悪な環境に置かれながら、どうやって新しいキャリアを築いていったら良いかを考えた過程を、物語風につづった体験談となっています。

このように私のいた研究者はスタッフにとってもブラック研究室であったわけですが、学生にとっても地獄のような環境だったと思います。

研究室には意欲が高く、博士課程まで進学しようとしている学生もたくさん来ましたが、彼らが博士号を取れることはほとんどありませんでした。大量の実験をさせられ、どんなに結果がたまっても論文を書かせてもらうことはかなわず、3年間の博士課程はあっというまにすぎ、それでも頑張って4年、5年としがみつくものの、最後には疲れ果てて研究室を去っていく学生を何人も見てきました。

そんな彼らに対して、大した力もないポスドクとしてはどうしてあげることもできず、多くのスタッフがつらい気持ちでいたと思います。

ブラック研究室を見極めるのは意外と難しい

私の働いていた研究室は疑いようもないブラック研究室だったと思いますが、当時はブラック研究室という言葉もありませんでしたから、目の前で起こっている異常事態が何を意味しているのかよく分かりませんでした。

そもそもブラック研究室というと、高圧的な態度の教授だとか、強制的に長時間労働を強いる環境などといったものをイメージするかもしれませんが、昨今のコンプライアンスが厳しくなった中で、このようなあからさまなアカハラ(=アカデミック・ハラスメント)をしてくる研究室というのは実はあまり多くないと思います。

むしろ大学で一定の地位を築き上げた先生達というのは、一見人当たりがよく政治力もあるために顔も効き、外部予算を獲得する能力も高いために学内では尊敬されているケースの方が多く、こうした教員たちが研究室という閉鎖的な空間では独善的に振る舞い、研究室をブラック化させている張本人であるということが珍しくありません。私が働いていた研究室というのが、まさにこのタイプでした。

このような「隠れブラック研究室」を外からの視点で見極めるのは意外と難しいと思います。教授の人当たりは一見すると良いため、授業で話している雰囲気などからはブラック化の兆候をうかがい知ることはできませんし、お金を取ってくるのはうまいために資金的にはうるおっており、研究成果は結構出ていることのほうが多いからです。研究世界のことをほとんど知らない学生が、研究の内容だけでブラック研究室を見極めるのはほとんど不可能と言って良いでしょう。

隠れブラック研究室の特徴

このように隠れブラック研究室を見極めるのはなかなか難しいのですが、それでもいくつか特徴があります。こうした観点というのは学生として研究室にいただけではなかなか見えてこないものですので、是非とも参考にしてみてください。

研究結果をあげることだけにしか興味がなく、教育に関心がない

大学の研究室というのは研究機関であると同時に、教育機関でもあります。したがって学生を指導することは重要な任務のはずなのですが、多くの研究室では研究結果をあげることにしか興味がなく、教育機関としての自覚がない場合があります。

これは何故かと言うと、そもそも研究者というのは教育者としての資質が評価対象となっていないからです。特に最近は研究者間での常勤のポスト争いが熾烈を極めており、そこにはどれだけ優秀な研究をしてきたかという点がもっとも重要なのであって、学生に対してどのように接するかといった視点はほとんどないのです。

業績の評価にならないのであれば、学生に対する教育支援は適当で良いということになりますし、学生からどのように評価されていようとお構いなしなのです。

逆にいえば、学生からの評価や教育に対する姿勢が重要とされる大学や学部などでは、ブラック研究室は生まれにくいということもいえます。自分の進学する組織が教育をどの程度重要視しているのかといった観点で見てみるのも良いでしょう。

学生を労働力としてかみない

研究というのはお金と時間、そして大量の労働力を必要とするものですが、日本では伝統的に研究室の学生を無償の労働力として捉える傾向が強いです。

海外などで研究をしてきた人からすると、大勢の学生を労働者として使っている日本の光景は異常に移るようです。バイオ系の研究などは特に労働集約的なところがあり、単純作業を大量にこなす必要がありますが、そうした作業をパートタイマーを雇用せずに学生にやらせるということは、教育的な観点からも問題が多いです。

逆にTA(ティーチングアシスタント)として大学院生に給与を支払っているような研究室は、教育と労働の問題をしっかりと考えていますので、進学する価値は高いでしょう。

歴史のある研究室はタコツボ化している

企業で働きはじめて特に思うのですが、健全な組織というのはそれなりに新陳代謝が良いものです。その点、大学の研究室というのは学生は常に新しい人達が入ってきますが、組織のトップであるところの教授は何十年も変わっておらず、これは見方によっては異常です。

全ての研究室がそうであるともいえないのですが、歴史がありスタッフが固定化されている研究室というのは、独特の風習謎のルールがあったりして、タコツボ化していることろも少なくありません。

可能であれば、まだ若い先生が立ち上げたばかりのラボのほうが風通しもよく、自由に研究できるためおすすめです。

ワーキングプア問題について知っておこう

ブラック研究室が生み出される背景というのは色々な要因があるかと思いますが、昨今のアカデミアを取り巻く労働環境の悪化が影響を与えている可能性は否定できません。

学部の学生の方などは研究者とは一体どういった人なのかあまり具体的なイメージが湧かないかもしれませんが、実のところ研究者の多くは非正規雇用の契約労働者です。いわゆる「正社員」あつかいの研究者というのはほんの一握りしかおらず、研究室でいえば教授や准教授クラスであり、助教やポスドクといったスタッフのほとんどは将来が決まっていない不安定な身分におかれています。

このような人たちは次の職場が見つからない場合は失業してしまいかねず、彼らを称して「高学歴ワーキングプア」などといったりもします。

非正規雇用者の割合が増えれば、組織としてもギスギスとしたものになりますし、終身雇用の教授の相対的な立場は非常に強力なものになるため、組織に対して高圧的に振る舞うことが許されてしまうのです。

これから研究室を選ぼうとする学生の方は、こういったアカデミアの末期的症状についても知っておいて損はないでしょう。

まとめ

今回はブラック研究室で働いていたスタッフとしての立場から、ブラック研究室の特徴をいくつかピックアップしました。

景気が悪くなれば企業でもブラック化することろが増えるのと同じで、大学などのアカデミアでは予算削減や非正規労働の問題で疲弊し始めており、そうした要因がブラック研究室を生み出している可能性があります。

もちろん研究室によっては素晴らしい人達にめぐまれ、すばらしい研究体験ができるところもたくさんあります。学生のみなさんは是非とも情報収集をしっかりおこなって、ホワイト研究室を探し出してみてください。

ブラック研究室で研究すると、こんな目に!?
ポスドク転職物語

おすすめ記事

なぜブラック研究室の学生はいつまでたっても学位を取れないのか
なぜブラック研究室を見分けるのに論文リストを見るのが良いのか
研究に向く人と向かない人を見分けるためのたった一つの質問

ad

ad

-研究

Copyright© ポスドク転職物語 , 2017 AllRights Reserved.