研究

今もはびこる科学論文の捏造と周到に仕組まれた研究不正

投稿日:

アカデミアにはびこる研究不正の問題が深刻化しています。

記憶にあたらしいところでは、理研の小保方晴子氏によるSTAP細胞事件が思い出されるでしょう。その後も、一流と呼ばれる大学の医学部などで、相次いで研究論文の捏造などが指摘されるようになっています。

そんな中、私のまわりでも用意周到に仕組まれた不正の噂が立っています。

今回はそうした不正がどのようにしておこなわれるのか、そしてなぜ捏造問題がなくならないのかについて、考えてみたいと思います。

科学論文の捏造とはどういうことか

このところ、科学論文の捏造が相次いで指摘されるようになっています。

捏造という言葉を日常生活で使うことは稀かもしれません。捏造と書いて「ねつぞう」と読みます。

研究の現場においては、おもに学術論文などで使用されるデータを意図的にでっち上げ、ありもしない事実をあたかも本当にあるかのように見せかけることを指します。

このような研究不正としてはそのほかに、データを都合のいいように改変する「改ざん」や、他人の論文データなどをあたかも自らのもののように扱う「盗用」などがあります。

改ざんや盗用などは第三者による検証である程度までは見抜くことも可能ですが、全くの初めからデータを偽造する捏造については、専門家でも見抜くことは難しいでしょう。

そのため、捏造されたデータがそのまま載っている論文の数はかなりのものに登ると考える研究者も少なくありません。

そもそもアカデミアの世界は不正などが起こるはずがないという性善説で成り立っているため、このような研究不正を防ぐためのシステムが未発達という事情があります。

その点、企業における金銭的な取引などについては、人は必ず不正をするものだという性悪説に基づいているため、内部統制などといった予防的なプロセスが高度に発達した世界となっています。アカデミアの牧歌的な雰囲気とは一線を画しているのですね。

周到におこなわれる研究不正

さていくら性善説で成り立っているアカデミアの世界でも、ありもしない事実を論文にすればいつかは不正が露呈することになります。他の研究者が同じ実験をしても再現性が取れないためです。

小保方晴子氏らによるの研究不正も結局のところSTAP細胞を作り出せる人が誰もいなかったことから、捏造であると判断されることになりました。

ところが私が最近聞いた話しによれば、このようなあからさまな捏造ではなく、もっと用意周到に仕組まれた不正がはびこっているというのです。

以下、私が知人から聞いた内容を一部脚色してお伝えします。

彼の所属しているある大型のプロジェクトでは期間の半ばに中間報告としてそれまでの進捗状況をまとめることになっていたそうです。その中間報告の結果によって残りのプロジェクトの予算が決まるため、プロジェクトメンバーにとっては極めて重要なイベントだそうです。

その報告書を作成するにあたって、プロジェクトリーダーの教授は内容の「見栄えを良くする」ため、まだ確定していない実験結果をあたかもそれが事実であるかのようにして発表することにしたそうです。

もちろん研究員達は一斉に反発したましたが、結局教授の強い意向でそうした内容はそのまま報告書に記載されてしまったといいます。

反発するポスドクらに向かって教授は、報告書の内容が薄いものであれば予算も取れないし、そうすれば君たちはどうやって暮らしていくのだ、と一括したそうです。その言葉を前にしては、彼ら研究員は何も言い返せません。任期期限のない教授職と違い、研究員は任期つきの雇用、いわば非正規社員の身分だったからです。

この話しの重要な点は、こうした不正が研究論文というオープンな場でおこなわれていたのではなく、プロジェクトの中間報告という極めてクローズな場でなされたというところにあります。

報告書を審査するのは異なる分野から選ばれた人物たちなので、多少の不正の痕跡があっても分からないと、そのプロジェクトのリーダーである教授はいったそうです。

そしてこの報告書はあくまで内部資料として作られるため、学術論文のように多数の目に触れることはありません。

こうしてプロジェクトは予定通り満額の予算を獲得したのだそうです。

なぜ捏造をするのか

こうした話は、大学の研究などといった世界に馴染みのない人にとっては衝撃的な内容かもしれません。

しかしこの手の話というのは、実はアカデミアに少しでもいたことがあれば多くの人が聞いたことがあるはずです。

今から7年ほど前に書いたポスドク転職物語でもこうした研究不正の内容を盛り込みました。その後にSTAP細胞問題が出たときに、これは未来を予言した内容だったというような感想をもたれた人もいたようでしたが、現場に長らくいた人間にしてみれば当たり前のことを書いていたに過ぎないのです。

それにしても、なぜここまで研究不正がはびこるようになってしまったのでしょうか。

最大の原因は、はやり過剰な競争体質をアカデミアの世界に持ち込んだことにあるでしょう。

不正をしてでも研究成果を作り出し続けなければ、研究費が打ち切られ、そして雇用自体がなくなってしまう、そのような強烈なプレッシャーがアカデミアを黒い霧のように包み込んでいます。

そのような悪環境の中で、教授クラスの人材の質的レベルが下がっているという側面も見逃せません。研究不正を断ち切り、研究室のスタッフと、そしてアカデミアそのものをなんとしようとする気概のある先生が減ってきているのではないでしょうか。その結果が、過去にふれた「ブラック研究室」ともつながってくるのです。

なぜブラック研究室を見分けるのに論文リストを見るのが良いのか
なぜブラック研究室の学生はいつまでたっても学位を取れないのか

まとめ

アカデミアにはびこる論文の捏造や研究不正の問題は今にはじまったことではなく、今現在も根深くはびこっています。

こうした問題がどのようになるのか、今後の進展に目が離せません。

さて捏造論文の取材では、半導体研究を舞台にした「史上空前の論文捏造」というNHKのドキュメンタリーが有名です。その後、新書として内容がまとめられていますので、未読の方はおすすめです。研究内容も時期も国も異なりますが、STAP細胞問題と驚くほどの共通点を見つけることができるはずです。

ad

ad

-研究

Copyright© ポスドク転職物語 , 2017 AllRights Reserved.