「研究」 一覧

科学は何の役に立つのかと聞かれて、あなたならどう答えますか?

2017/02/03   -研究

大学などのアカデミアで長いこと研究をしていると、ふとこの研究はなんの意味があるのだろうと考えることはないでしょうか? あるいは親戚や近所の人に自分の研究について説明するとき、それって何の役に立つんです ...

大学院の博士課程にはどんな人が進学しているのか?統計情報があぶり出す最新のヤバイ状況とは。

2017/01/23   -研究

大学卒業後の進路として大学院に進学する場合、まずは修士課程と呼ばれる2年間のコースを取ることになります。さらに研究を続けたい場合は、その上にある3年間の博士課程のコースに進むことで、博士号の学位を手に ...

超高学歴なのに貧乏なポスドクとは?!気になる給料や転職事情について元バイオ系ポスドクが解説

2017/01/13   -研究

大隅先生がノーベル賞を受賞し、科学に関する話題をニュースなどで聞くことが増えてきました。中でも、子どものなりたい職業に科学者がランクインしたというのが話題になっています。 こういった明るい話題の一方で ...

大学で研究する意味って何、って聞かれたら?

2017/01/10   -研究

ポスドクから民間企業へ転職して働き出すと、大学でどんな研究をしていたのかと聞かれることが多くなりましたが、そうしたときに決まって聞かれるのが「それってどういう意味があるんですか?」という質問です。 も ...

研究に向く人と向かない人を見分けるためのたった一つの質問

2017/01/06   -研究

研究というものは好き嫌い以上に、実は生まれながらに向いている人と向いていない人がいるのではないか、ということを考えることがあります。 私自身は研究生活を楽しく送ることができましたが、結果的には雇用環境 ...

アカデミアに残り続けるバイオ系ポスドクの特徴とは

2017/01/02   -研究

バイオ系のポスドクとして研究していたかつての仲間たちの進路は、大きく二つに別れます。 ひとつは過酷な労働環境に疲れて民間企業へと転職する人々。 そしてもうひとつは、しぶとく研究を続けて今もなおポスドク ...

今もはびこる科学論文の捏造と周到に仕組まれた研究不正

2016/12/29   -研究

アカデミアにはびこる研究不正の問題が深刻化しています。 記憶にあたらしいところでは、理研の小保方晴子氏によるSTAP細胞事件が思い出されるでしょう。その後も、一流と呼ばれる大学の医学部などで、相次いで ...

なぜブラック研究室の学生はいつまでたっても学位を取れないのか

2016/12/28   -研究

ここ最近、博士課程に進学して学位を取得しようと考える学生の数が減少傾向にあるそうです。 そんな中でも志をもって研究室で実験をこなし、博士号を取るために日夜努力している学生も少なくありません。 ところが ...

なぜブラック研究室を見分けるのに論文リストを見るのが良いのか

2016/12/27   -研究

私は数年前、バイオ系の研究者として非正規雇用の条件(= ポスドク)で働いていました。 研究室の環境は整っておらず、研究員や学生はみな疲弊しているようでした。当時の様子を物語風にアレンジしたものがポスド ...

Copyright© 21世紀の人生戦略 , 2017 AllRights Reserved.