「研究」 一覧

「バッタ博士」にみる、好きなことで生きていくために必要な覚悟とは?

2017/05/22   -研究

好きなことをしながら生きていく。 いい言葉ですよね〜! 誰しも、嫌なことはしないで、自分が本当にやりたいことだけやりながら生きていく、そんな生活が送れたらと思ったことがあるのではないでしょうか? 今回 ...

ブラック研究室の元スタッフが暴露する、本当にヤバイ研究室とは?

2017/03/12   -研究

理系の学生にとって研究室選びはもっとも重要な活動の一つだと思います。学部によっては多くの人が修士課程に進学する場合もあるでしょうが、その場合は卒研も含めて3年間も所属することになるわけですから、研究室 ...

理研の無期雇用枠拡大は日本のアカデミアを救うのか?

2017/03/11   -研究

日本最大級の公的な科学研究機関である理化学研究所(理研)が、任期付きの研究者を無期雇用に転換する制度を4月から導入するという報道がなされました。 理研のこの制度は、人材問題で行き詰った日本のアカデミア ...

ライフサイエンス企業から見たバイオ系研究の憂うつな未来

2017/02/18   -研究

21世紀はバイオの世紀などといわれていた時期がありました。2000年に入って間もないころはゲノムバブルなどという言葉があったように、バイオ系の基礎研究に多額の研究費がついたものです。 ところがバイオ系 ...

若手研究者の前に立ちはだかるアカデミアの二つの壁とは?

2017/02/12   -研究

大学などのアカデミアで研究を続けている若手研究者にとって、任期期限のないテニュア職(教授など)に就くことは研究者人生の一つの目標とも言えるでしょう。 ところがそんな若手研究者の行く手には巨大な壁が立ち ...

科学は何の役に立つのかと聞かれて、あなたならどう答えますか?

2017/02/03   -研究

大学などのアカデミアで長いこと研究をしていると、ふとこの研究はなんの意味があるのだろうと考えることはないでしょうか? あるいは親戚や近所の人に自分の研究について説明するとき、それって何の役に立つんです ...

大学院の博士課程にはどんな人が進学しているのか?統計情報があぶり出す最新のヤバイ状況とは。

2017/01/23   -研究

大学卒業後の進路として大学院に進学する場合、まずは修士課程と呼ばれる2年間のコースを取ることになります。さらに研究を続けたい場合は、その上にある3年間の博士課程のコースに進むことで、博士号の学位を手に ...

超高学歴なのに貧乏なポスドクとは?!気になる給料や転職事情について元バイオ系ポスドクが解説

2017/01/13   -研究

大隅先生がノーベル賞を受賞し、科学に関する話題をニュースなどで聞くことが増えてきました。中でも、子どものなりたい職業に科学者がランクインしたというのが話題になっています。 こういった明るい話題の一方で ...

大学で研究する意味って何、って聞かれたら?

2017/01/10   -研究

ポスドクから民間企業へ転職して働き出すと、大学でどんな研究をしていたのかと聞かれることが多くなりましたが、そうしたときに決まって聞かれるのが「それってどういう意味があるんですか?」という質問です。 も ...

研究に向く人と向かない人を見分けるためのたった一つの質問

2017/01/06   -研究

研究というものは好き嫌い以上に、実は生まれながらに向いている人と向いていない人がいるのではないか、ということを考えることがあります。 私自身は研究生活を楽しく送ることができましたが、結果的には雇用環境 ...

Copyright© ポスドク転職物語 , 2017 AllRights Reserved.